浜松で活躍しているものづくり企業

国内オートバイ産業における始まりの地

21世紀に入ると電子楽器メーカーもこの土地に本社を構えるようになるなど、今もなお存在感を示しています。
古来より錦織の産地として栄えていたことも現在の産業に繋がる要素です。
明治時代にはさらに生産数が増えて、現在でも各地に繊維工場が立ち並んでいます。
特に浴衣に関しては圧倒的な生産量を誇っており、この分野でもものづくりの本場として活躍中です。
また国内オートバイ産業における始まりの地であり関連企業も市内各地で営業しています。
他にも浜松が国内で最初に行ったものづくりには枚挙に暇がありません。
テレビやフィルムといったメディアを支える基礎技術や、国産旅客機もこの町で初めて作られました。
また木工機械や丸鋸など全国の工場で多く使われているものも同様です。
少し変わったところではうなぎやスッポンの養殖も先駆けて手がけています。
こうした数々の優秀な企業や人材、そして結果が伴っているのは浜松が持つ気質の賜物です。
積極果敢なチャレンジスピリットと自発的な精神が現在のものづくりの町を生み出しています。
大企業だけではなく中小やベンチャーが集まり、活発に動いていることがその証左に他なりません。

本田宗一郎ものづくり伝承館
宗一郎さんのエピソードや
HONDAのもの作りへのこだわりや哲学を
コンパクトにまとめてあります
開館時間10時~16時半 休み月・火pic.twitter.com/OCHdE3eCNX

— 浜松さやか (@hamamatsusayaka) 2018年4月9日

浜松は国内有数の工業都市国内オートバイ産業における始まりの地一度は訪れてその実力と魅力を再確認するべき

浜松 ものづくりNPO法人 浜松ものづくり工房